So-net無料ブログ作成

要はデモも特定秘密保護法の取り締まりの対象ってことです [社会情勢]


 語るに落ちるとはまさにこのこと。皆さん、私たち人民は権力者に相当なめられているってことですよ!

「絶叫デモ、テロと変わらぬ」 石破幹事長、ブログで(朝日新聞デジタル:2013年11月30日)

 自民党の石破茂幹事長は11月29日付の自身のブログで、特定秘密保護法案に反対する市民のデモについて「単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます」と批判した。表現の自由に基づく街頭での市民の主張をテロと同一視したことは問題になりそうだ。  石破氏はブログで「議員会館の外では『特定機密保護法絶対阻止!』を叫ぶ大音量が鳴り響いています」と紹介。「人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはない」とも批判した。石破氏は30日、朝日新聞に「ルールにのっとったデモを介して意見を言うのはかまわないが、大音量という有形の圧力で一般の市民に畏怖(いふ)の念を抱かせるという意味で、本質的にテロ行為と同じだと申し上げた」と話した。(引用終わり)


 えーっと。

 国会前でやっている「デモ」は「テロ」になるんだね。この人の頭の中では。で「テロ」に関する情報ってのは「特別秘密」とやらになるんだっけ。「テロの防止」って項目があるんだもんね。じゃあ「デモ」を取り締まるなど関係する情報ってのは特定秘密法で、管理の対象になるんだな。
 日本軍(自衛隊)のスパイ組織(情報保全隊)が、デモを監視しているという情報がリークされたことがあるんだけれど、これは「特定秘密法」違反で、情報をリークした人はもちろん、受け取った人も多分「漏えいを働き掛けた」なんて容疑で逮捕されそうだ。

 反対派を「テロ」呼ばわりして弾圧し、周辺の人も「特定秘密法」で根絶やしにする。そんな政府の意図が透けて見える発言。

 そんな批判が噴出して、石破は形式上発言を撤回したようだけれど(当該記事を削除していないので「形式上」と表する)、権力を行使できる与党・為政者の実力者がこのような発言をすること、そしてその言葉がどれほど具体性を持つのかについては論を待たない。
一度口を飛び出した言葉は、言った本人がどれほど取りつくろうとも、回収することができないものなのだ。そんなことも知らない御仁が、今政権の中枢にいることの愚かしさ。


日本国は情報保全に関する法律を制定するほどには、国家が成熟していない

 福島原発事故でもそうだったし、沖縄返還に関わる密約でもそう。日本国はまともに情報を公開しないし、他国での公開情報があってもそれを認めることすらなかなかしない。公開しないどころか、いつの間にか廃棄してしまったなんてこともよくあることだ。
 細かくは1985年の日航ジャンボ機事故に関わる情報が、いつの間にか廃棄されていたなんて事件もあった(心ある人がボイスレコーダーの情報をマスコミなどにリークした)。
 国家が収集した様々な情報を、きちんと管理して公開するといった先進国では一般的に行われていることが、日本国では全くと言っていいほどできていない。
国の情報は官僚や、時の政府・与党のものではない。等しく日本国民のものであるべきなのに、日本国の為政者には、そのような意識が全くない。

残念ながら政府与党による国会答弁には何の価値もない

 そして今国会で、政府答弁なるものが迷走を続けている。しかし私の私見では、こんな答弁は何の意味もないことだ。
 だって、国旗国歌法の制定時に、政府答弁では強制はしないことを明確にしていたのに、実際の運用では、主に教育現場に強制が行われているから。ほら、こないだも江東区で、国旗国歌に敬意を示さない区議は、学校の卒業式に出すなと、事実上の共産党区議を排除することを、今やっているじゃないか。

日の丸に礼を強要!内心の自由・思想信条の自由を認めない暴挙(斉藤信行の区政短信)

 この機密保護法制は、国民世論の動向を見ながら、必ずや、拡大解釈が行われるだろう。それはかつて日本がたどった道であり、そしていくつかの分野では、今現在進行している現実だから。


 だからこそ、このような法律は日本には必要ない。必要ないんだ。
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 11

コメント 4

ponnta1351

後で失言だと謝ったそうですけど、出した言葉は引っ込められませんね。
元々そう思っていたし。

不思議なのは何でこんなに早急に決めなくてはならない法案なのでしょうか?
これだけ、反対の声が有るのに強行採決する事に凄く疑問を感じるんですけれど。
早く決めなければならないことはそっちのけで、全くご都合主義ですね。

 こんな物が決まれば私たちはうまい具合に騙されて、思わぬ方向に進んで気が付いたら酷いことになりそうな予感がしますが。


by ponnta1351 (2013-12-05 11:56) 

Mosel

ponntaさん、こんにちは。

全くおっしゃるとおりで、衆参両選挙での公約にもなかった秘密保護法案を、なぜ今、請求に強行可決しようとしているのでしょう。
ここに安倍の、反民主主義性というか、悪い意味での猪突猛進ぶりが見えます。
第一次安倍政権でも、同じやりかたで教育基本法を改悪しましたから、これからも似たようなことをするかもしれません。

気が付いたときには、もう手遅れだったとならないように、かつて戦争をしていた時代に戻らないように、私たち一人一人が、がんばらないといけませんね。
by Mosel (2013-12-06 07:14) 

cheese999

日本の民主政治は死んでしまった、と嘆くより、何ができるか。。。
難しいけど、一歩一歩ですね。。
(^_0)ノ

by cheese999 (2013-12-07 22:32) 

Mosel

嘆くこともいいのですが、何をすべきか。国会と民意との乖離が何を原因に発生しているのか。
今の自公政権がなぜこれほどまでに民主主義を知らないのか、それを無視するのか。
そしてそれをどう解決するのか、一歩一歩進んでいかなければ、ですね。
by Mosel (2013-12-08 08:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。