So-net無料ブログ作成

トランプ化でもアベ化でもない-自民党が公明党化したのだ [社会情勢]

 東京都議会議員選挙が終盤を迎えている。この選挙戦の序盤、公明党の公式Twitterでの発言が話題になった。
 もちろんネガティブな意味においてだ。

「公明党広報」が公式ツイートで「汚い」「危険」「北朝鮮」と共産党を罵倒、物議かもす(ハフィントンポスト日本版)
(前略)イラストも用いて投稿された内容では、共産党について「実績横取りのハイエナ政党」「公安の調査対象」「北朝鮮は『危険ない』と的外れな発言」として「汚い」「危険」「北朝鮮」の「3K」だ、と批判している。

「汚い」は「都議会公明党の実績を横取りされた」との趣旨のため、23日に告示される、東京都議会議員選挙に向けた実績アピールのためにツイートしたものとみられる。

強い言葉で「罵倒」とも取れる公明党の批判ぶりに、「下品な誹謗中傷団体になった」「ゲス」などと、Twitter上では違和感を表明する声が相次いだ。

また、日本共産党書記局長の小池晃・参院議員は「恥ずかしくないのかしらね」と応じている。(後略)


 いつも拝見しているinti-solさんのBlogが、下のBlog記事を紹介していたので、私も遅ればせながら引用する。

私立高校無償化は本当に公明党の言う通り、共産党の「実績横取り」なのか? 都議会の議事録を調べてみた。(ichiro-jeffreyさんのブログ)
(前略)都議会で私立高校の無償化を取り上げた回数(政党別2010年~)共産党23回、民主党18回、自民党9回、公明党5回、民進党2回、生活者ネット1回

民主党は国政が民主党政権時代にその成果であるところの高校無償化を誇示する文脈で、自民党はそれを批判する文脈での発言が主です。

共産党は里吉都議を中心に粘り強く私学への補助を訴えてきた一方、公明党の発言が初めて登場するのは小池都政になってからで、予算案を評価するかたちでの発言となっています。

もちろん、議会の外での働きかけがどの程度あったのかは議事録を漁っただけではわかりませんが、少なくとも共産党はこの問題を長年粘り強く取り上げていた一方で、公明党が議会で発言しているのは最近になってのことであることがわかり、冒頭に取り上げた公明党広報のツイートの「「私立高校授業料の実質無償化」※全て都議会公明党の実績です。」は言いがかりと言えるでしょう。


 この公明党公式ツイートを見て私は既視感を覚えた。「下品な誹謗中傷団体」?前からだよ。このツイートを書いた公明党=創価学会の人物のメンタリティはかつてのそれと同じだ。その「かつて」とは・・・。

 もう20年ばかり前になろうか。

20年前にも同じことを言っていた創価学会=公明党

続きを読む


nice!(18)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース