So-net無料ブログ作成

Chateaux Beausejour(Duffau-Lagarrosse) ~食事会と電子カルテのこと [食べ物]

161019wine1.jpg
2002年ヴィンテージ

 シャトー・ボーセジュールという。似た名前の「シャトー・ボーセジュール・ベコ」(Chateaux Beausejour Becot)は有名なので聞いたことのある人も多いかも。両者はもともとは同じ畑だったけれど相続の関係で分割した。
 ベコとこちらがあるので、このワインは「シャトー・ボーセジュール・デュフォー・ラガロース」と非常に長い名前で呼ばれる。

 フランス、ボルドーのサンテミリオン地区(いわゆる「右岸」)の第一特別級B(Premier Gran Cru Classe B)のワイン。

 有名なボルドー・メドック地域の格付けは1855年から一つの例外を除いて不変(昇級も降格もしない)だけれど、サンテミリオンは10数年に一度格付けが変更される。このワインも過去に降級したことがある。
 けど、第一特別級Aの2種は不変なんだよねえ・・と思っていたら、2012年にアンジェリスとパヴィがAに昇格したんだそうな。しかもシンデレラワインと評されたヴァランドロが同年にプリュミエBになっているよ。
 ワイン界は、油断していると知識がどんどん変化していく。

 このワインが非常に有名になったのは、1990年産にアメリカのワイン評論家ロバート・パーカーが100点を付けたから。この年だけ価格が10倍くらい違うのだ。とても長い名前が印象的でいつか買おうかと思っていたワイン。
 もともとそんなに生産量が多いシャトーではなく、日本では意識して探さないとなかなか買うことが出来ない。そんなワインの2002年を一年ほど前-このワインとしては安価に-買い、そして最近開けた。

14年もののワイン

 澱は瓶の下に沈殿し、10年を超えた赤いボルドースタイルにありがちな、カシスと皮系とグリセリンの香り。口当たりは始め水を思わせるさわやかな透明感に、しっかりしたタンニンが口に広がる。
 ああ、さすが。自分で持って行ってこんなこと書くのもなんだけれど、なかなかおいしいじゃない。


 ここのところよく作るおつまみも。1本買いしたサラミをスライスしてウォッシュチーズをのせ、しっかり熟成したバルサミコを少々垂らす。サラミの代わりに生ハムでもOK。がっつりした味なので、おつまみにぴったり。結構好評。これ、実はバルサミコの品質がポイントなのです。
 最近生ハムよりもサラミを食べることが多くなったなあ。

161019wine2.jpg
15年熟成のバルサミコとのこと



ここで売っています

・・・・・

続きを読む


Bistro Benoit Tokyo ~ブノワで少々騒がしいランチを食べる [食べ物]

160228benoit1.jpg
ブノワ東京

 Benoit 名前だけは知っていた。パリの有名なビストロ(大衆食堂)だから。

 日本にあるのを知ったのは割と最近。フランスの著名な料理人で実業家のアラン・デュカス氏がプロデュースしているとのこと。

 ふと思い立って前日に予約を取り、出かけてみる。青山のブノワ東京支店へ。

 渋谷駅から歩いて10分ほど。神宮前のラ・ポルト青山、瀟洒なビルの10Fへ、エレベータで上る。

 着くと店内はガヤガヤと騒がしい。内装は全般的に、あえてビストロっぽいチープさを演出(もちろんすごく清潔)。案内されて席に向かう。階段を上って客席へ。店内は10・11階は吹き抜けで、10階は調理場、11階が客席だ。そしてもうそこは。

 ものすごい人と話し声。

 席についても周りの話し声がうるさすぎて、こちらの話し声が聞こえない。なんて賑やかなんだろう。しかしビストロなのでこんなもの。気楽に入れて、気兼ねなく食事。それがビストロのいいところ。
 前菜2品、メインディッシュ、デザートのコースにする。

160228benoit2.jpg
フロマージュ・ド・テット~豚のいろんな部位を混ぜ込んだ「煮こごり」

 これを頼むと「南仏の定番料理ですね」、とギャルソンが言ってくれる。

160228benoit3.jpg
ショートパスタ「コキエット」。濃厚なチーズクリームがかかっている。黒いマーブル状のものは黒トリュフ

 最近トリュフがお気に入り。
 ブノワはトリュフが有名とのことで、この時期(2月いっぱいくらいまでです)はトリュフを頼むことができる。それでこのコキエットにトリュフをスライスしてもらう。妻も同じものを。トリュフはこの1皿分で500円くらいだったかな。

160228benoit4.jpg
鹿肉のワイン煮込み 鈍い写真ですんません。微妙に酔っていました

 3~4時間じっくりと煮込んだ鹿の肉。STAUBの鋳物製プレートで提供。ジビエなので油が少なく、肉はほろほろと崩れるが、肉だけを口に入れると、口中の水分を持って行かれる印象。たっぷりソースを絡めていただく。

 デザートはババ・アルマニャック。小さなシフォンケーキのようなものに、蒸留酒のアルマニャックを目の前でかけてくれる。そしてアルマニャックの瓶を置いてくれる。「お好きなだけどうぞ」と。遠慮なくお好きなだけかけて食す。

すごい量

 そう、結構な量なんです。

 前菜、といっても写真の通りそれなりのボリュームのある料理で、それが2品。しかも2皿目はチーズクリームのパスタが皿いっぱい。いくら「大いに飲んでご馳走がたらふく食べられる愛すべき店」(ブノワのウェブサイトより)と言ったって、この量は・・。ワインを追加で注文して腹を落ち着かせようとしたが、それでも無理。

 結局メインの鹿肉は半分も食べられじまいで、実に残念なことをする。

 けれど周りのマダムたち、ワイワイ騒ぎながら私たちと同じ料理をペロリと平らげていたよなあ、私が小食になったんだろうかと思う次第。
 年のせいか、あまり一度にたくさんの量は食べられなくなっているんです。地元のビストロでは大丈夫なんだけど。

ビストロだが結構な金は払う

続きを読む


「日本橋 玉ゐ」であなごを食す [食べ物]

151031tamawi1.jpg

 少し余裕ができた。平日に休みを取って、家のことをする。ちょっと出かけたくなって、日本橋へ行く。日本橋・銀座界隈に行くのは久しぶり。

 ふらっと立ち寄ったそこに店がある。

151031tamawi2.jpg
玉ゐ日本橋本店 平日昼間なのに、並ぶ

 あなご専門店の「日本橋 玉ゐ」。
 ビル街に囲まれた一帯にある、古風な建物で営業している。人気店なのだそうだ。

 建物は1948年築とのことで、それなりに古い。けれど実は2005年創業。今年で開店10周年、だけれど店の中にはそんなお知らせはなかった。

 月曜の12時頃、店に到着する。すると入り口前で人がたむろしている。
 並んでいるのだ。

 店の前にある名簿に名前を記載し、待つ。5組ほど待っている。初老の男性が一人だったり、旅行で訪れた女性3人組だったり、近所の奥様方っぽい人だったり。
 さて、ふらりと近所を散策する。そして戻ると、あと3組くらいになっている。
 私は一人だったので、3人組を追い越して、店に入る。待ち時間は15分ほどだった。


*料理の写真はございません。写真は公式ウェブサイトや食べログなんかに詳しいので、そちらをご覧ください。

「日本橋 玉ゐ」公式ウェブサイト

*こうしたところで写真を撮るのって、ちょっと苦手なんだよねえ。

続きを読む


ヤガラという魚を捌いて食べる [食べ物]

 これは、何だろう。

150418yagara1.jpg
60cmくらいはあります

 これはヤガラ。赤ヤガラ。

 近所のスーパー、鮮魚コーナーで珍しくも売られていた。しかも800円。
 ヤガラは沖縄などをダイビングしていると、比較的よく見られる魚だが、食べると非常に美味しいということを10年ばかり前に知った。
 関東のスーパーで売られているのを見たのはこれで3回目。全く見かけない。

 目の位置が変なところにある。眼から先は細長い口。これで小魚などを吸い込んで食べるのだ。海で見かけると、口をパクパクしながら大体2匹くらいでゆったりと泳いでいる。海の中で見てもヘンテコな魚だなあ、と思うが、鮮魚売り場で見るとなおヘンテコに見える。
 買ってきて、捌く。

 レジ係の中年女性が「これは何ですか」「どうやって食べるんですか」なんて言っているので記事にする。ヤガラは美味な魚なのだ。

続きを読む


タグ: ヤガラ

50年前のワインと40年前のワイン~Chateau Calon1964とRobertMondavi Reserve PinotNoir1975 [食べ物]

150118wine1.jpg

 新年早々異様に忙しく、忙しいとミスも発生し、それをリカバリする人がいないものだから結局私の仕事になる、という困った職場で働いております。

 そんなわけで、今年初めての更新でございます。

150118wine2.jpg
Chateau Calon 1964

 昨年は珍しいことに、非常に年数を重ねたワインを飲む機会があった。
 一つはフランス、ボルドーのモンターニュ・サンテミリオン地区。あまりメジャーではないが、確かな作りのシャトー・カロン1964年。

 とある新宿のバーで、10人ほどの客と飲む。

 色はやや暗い、ガーネットのような深い赤。みっちりした濃さはなくややクリア。味わいは意外に果実味も残っており、タンニン等はすっかり薄まって、果汁と言うよりは、水にほんのりチェリーとかの味を加えたような、そんな印象。ほんのりスモーキーなシダーとか皮のような風味。上質なブルゴーニュワインのようでもある。

 ボトルの中には澱はなく、味わいが意外にフレッシュだったので、ある考えが頭をよぎる。

 これって、本物か?

続きを読む


タグ:ワイン

recetteで~すごく高い~パンを買う [食べ物]

 Blogほったらかしていましたが、一応生きています。12月はいつもやたらと忙しいのです。ごめんなさい。

・・・・・
141223recette1.jpg

 ふとしたことで知ったパン屋さん。すごい人気で、すごく高い。こだわり食材を惜しみなく使う。

ルセット

 いわゆる食パンは、わりといつでも販売しているっぽいが、ちょっとひねったパン類は、販売日時が決まっていて、しかもなかなか買うことができないらしい。

 とある会員制サイトで、3カ月連続でここのパンが届くというクーポンを使って買ってみた。

 届くパンは、

1.普通の食パン(アットショクパン)

2.シナモンのパン(アットシナモン)

3.真っ黒なバニラのパン(アットバニラブラック)

これはおいしいよ

 注文したのを忘れた頃に、でっかい箱が届く。アットショクパン(3斤分)だ。ずっしりと重量ある食べ応えで、普通のパン~といってもスーパーなどで売っているものではなく、神戸屋とかのパン~より、確かに美味しい。神戸屋も十分美味しいパンだけど。

 そして翌月、小さな箱が届く。アットシナモン。

141223recette2.jpg
箱から出したところ。詳細な解説文がついている

 やや重厚なパンに、ほんのり甘いシナモンのソースとラムレーズン。そして中央にはクリームチーズ。それぞれがうまいこと調和して、何とも言えない上品な味。
そのまま食べても結構いけるが、やはり軽くトーストすると、香ばしさが出てより好ましい。

続きを読む


ジョエル・ロブション(の安い方)でランチを~La table de Joel Robuchon [食べ物]

 ANAでマイルを溜めていると、いずれは期限が来てしまう。期限間際に何にしようと迷い、いつものように弾丸旅行をと思ったけれど、忙しくてとても無理。そういえばマイル交換クーポンに、食事券があったっけ。あ、ロブションがあるよ。

 そんなわけで恵比寿のシャトー・レストラン、ジョエル・ロブションに行くのである。押しも押されぬミシュラン三つ星。けれど一階にある「LA TABLE」はちょっとカジュアル。それでも二つ星をとっている。

141130robuchon1.jpg
こんな感じで恵比寿ガーデンプレイスの一角にある。この建物全てがジョエルロブション

 ANAのマイルクーポンなので、内容はFIX。おそらくサービス料、税込みで9000円くらいのコース。飲み物は、今回はグラスワインをいただく。日本の甲州がオンリストされていたので試しにこれにしてみる。非常にドライで食事には合いそう。
 アミューズ、アントレ、魚と肉それぞれ一品ずつ。そしてデセール。ランチなので一つ一つが軽め。
 ワイングラスはSpiegelau。青山のアッピアアルタもこれだった。シルバーはErcuis。高級食器メーカーだが、ここではMezzoという、ステンレスでちょっとモダンなデザインを選択している。

 私たちが座った席は、店の角。フラットなソファのL字型の部分。90度で斜めに向かい合うようになっている。カップルで食事するには、実は対面よりもこの方が良いのだ。(上司と部下が面談する時も、対面だと対立する傾向があるので、あえて90度で向かい合うという手法がある。)ただ、サービスする側はちょっと大変になる。

141130robuchon2.jpg
デセールのようだがこれはアミューズ。上に載っているのはズワイガニ。トマトのジュレとアボカドのムース

さすがに美味しいです

続きを読む


高級なワインは飲み手を選ぶ ~ウンエンドリッヒ2002 [食べ物]

140318pihiler1.jpg
Riesling Unendlich Smaragd 2002 F.X.Pichler

140318pihiler2.jpg
埼玉の松澤屋で購入

 オーストリア、ピヒラー醸造所の、ドイツなどでは代表的なブドウ品種「リースリング」を使った白ワイン。日本語表記は「ウンエンドリッヒ」。「無限」の意味を持つ。Smaragdは「スマラクト」。ヴァッハウ格付で最高ランク。
 裏のラベルにはTrockenとある。Trockenとは辛口のこと。「辛い」というか「硬い」、もっと言えば「苦い」感じになる。

 おそらくオーストリアで最も高級なワインの一つ。

 輸入元のウェブサイト「株式会社エイ・ダヴリュー・エイ」を見てみると、Unendlichは1998年から作り始めたよう。ということは4年目のヴィンテージということになる。

 オーストリアはドイツと近いこともあって、ワインもよく似た傾向のものを作っているようである。ただこれは、高級酒ではあるがしっかり発酵させて、アルコール度数高く、味わいは辛めに作っている。

 2013年3月。11年熟成のこれが、ちょうど良い頃と思い、早速他家のホームパーティーで試してみる。最近はコレクションを消費する方向に切り替えたので、こうして高級ワインが開けられることになる。

硬いんだこれが

続きを読む


アルザスの貴腐ワイン・・と七面鳥 ~ 今年のクリスマス [食べ物]

 今年のクリスマス近傍で食したもの。

アルザス最高の貴腐ワイン

131228Xmas1.jpg
Domaine Zind-Humbrecht Pinot Gris 2000 Selection de Grains Nobles

 長い名前なので解説すると、フランス、アルザス地方のトゥルクハイム村にあるワイナリー、ツィント-ウンブレヒトによって、2000年に収穫されたピノ・グリというぶどうを使って作られた、アルザス最高レベルの貴腐ワイン。「Selection de Grains Nobles」という呼称は、アルザスで作られる最高に糖度の高い貴腐ワインに与えられる称号で、「SGN」と略される。
 作り手のツィント-ウンブレヒトは、ツィント家とウンブレヒト家によって半世紀ほど前に設立されたワイナリー。アルザスでも最高の作り手として知られている。

 このワイン、4年くらい前に買って私のセラーで寝かせていたものを、とあるホームパーティーで供してみた。秋に立川のフランス料理店で食事会をした際、アルザスのワインが意外に好評だったので、味覚に鋭い人が多く参加することもあり、ではアルザスでも最高レベルのものを持って行ってみようと、イタズラ半分にセレクトする。
 ついでに賞味期限間近のウォッシュチーズ、ポン・レヴェックが安かったので買って持って行った。

 このワイン、「ロゼワイン?」と聞かれたほどに、ややカラメル色を帯びた金色のワイン。とはいえ今年で13年の熟成。この手のワインではまだ若い。このまま熟成が進むと、50年くらいで真っ茶色になる。100年ほどすれば黒っぽい色になるはずだ。

 皆さんの期待の中、しばらく落ち着かせてから飲んでみる。

驚愕の味わい!!

続きを読む


Pierre Gagnaire ~ピエール・ガニェールでランチを [食べ物]

130203pierre1.jpg
目いっぱい手ブレていてすんません

 年を取ったせいか居酒屋の喧噪がイマイチ苦手になった。
 年末、職場の忘年会をどこでやろうかという話になって、人数少ないし、妊婦もいるしで、近所のフレンチレストラン「ビストロすぎ浦」で食事会にしようということになった。結果は大好評。
 また年始には仕事の関係で、西麻布の高級イタリアン「アッピア アルタ」の、しかも個室でディナーをいただけるという幸運にも恵まれた。クエのポワレがおいしかったよう。

 するとちょっと困ったことになるわけで。

 私一人だけがそんなところで食事をする。妻は病気で療養していることもあり、なんだかちょっと後ろめたい。

 けれど子どもたちはまだ小さいので、そんな店に連れて行くわけにもいかず。

 妻と二人で食事に行くには、必然的にランチだけしか選択肢が無くなってしまう。

 そんなわけで、食事の予約をし、六本木に出かけることにした。溜池山王駅にほど近い、ANAインターコンチネンタルホテル36階のフレンチレストラン、ピエール・ガニェール。東京のこの店はミシュラン二つ星だ。

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。