So-net無料ブログ作成
検索選択
社会情勢 ブログトップ
前の10件 | -

これが「愛国者」なのか ~愛国ビジネスでもうける安部政権とその取り巻きについて [社会情勢]

170331aikokugilty1.jpg
朝日新聞2017年3月30日記事

 なんだかさっぱり文章が書けなくなってきた。なんとか月刊ペース。
 それでもこれはひどいので少々書く。

森友問題で政府・与党 真相隠し躍起 首相夫人の関与 疑い強まるばかり(しんぶん赤旗2017年3月30日)

 国有地の格安売却を受けた大阪市の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)の疑惑をめぐって、籠池氏の証人喚問(23日の衆参両院予算委員会)以降、安倍晋三首相夫人の昭恵氏の関与を示す証言や資料が出て、8億円値引きにかかわる疑惑の核心が明らかになりつつあります。こうしたなか、政府・与党は籠池氏の「偽証告発」の画策などなりふり構わない疑惑隠しに躍起になっています。
(中略)
 しかも、28日の参院決算委員会では日本共産党の大門実紀史議員の質問で新たな事実が判明しました。籠池氏が政府職員に送った手紙を独自に入手。その手紙では、(1)50年定借として早い時期に買い取りたい(2)土地の賃料227万円を半額に(3)学園側が立て替えていた土壌汚染除去工事費の支払い―を求めており、翌年の売買契約などで「ゼロ回答」どころか「満額回答」となっている事実が明らかになったのです。時間はかかっても最終的に籠池氏の要望が実現した、それも昭恵氏の関与があったからこそ、「満額回答」になったのではないか―疑惑は深まるばかりです。


 この問題、要は、「愛国者」を自認する人物が運営する学校法人に、「愛国者」を自認する現政権および関係者と、「愛国者」を自認する大阪府政の関係者が、よってたかって国有地を極めて安価に売却したことにある。
 言い換えれば「愛国者」が、自分の懐は痛まないからといって、仲間内の「愛国者」に国の財産を極めて安価に売却し、「愛国者」が国の財産を安価に手に入れた。そういうことだ。

 けれど国の財産を安価に売却することは、国の財政を毀損する行為ではないのか。

 国の財政を毀損して、「愛国者」がその利益を享受する。しかも意図的に。

 これが愛国者なるものの仕業なのだろうか。

 以前私は、とある病院で電子カルテ導入に失敗し、経営が傾くレベルの損失を出していることを書いた。そしてその病院では誰も処分されておらず、賃金カットによって結果的に責任が全職員に押しつけられていることも。

 その構図とよく似ているではないか。

 しかも森友学園と安倍政権の問題は、それが意図的に行われていることにあるので、よりタチが悪い。一般企業なら背任で訴追されるレベルだ。

 これが愛国者なるものの、現政権の言う「愛国」なるものの正体なのだ。それが極めて象徴的に現出しているのが、今回の森友学園問題だ。どうだろう。そうは言えないだろうか。そういえば戦争法に反対する「SEALDs」を「利己的」と中傷した自民党の武藤という若い極右議員も、結局は怪しい投資話で自身の「利己性」をさらしていた。

結局は愛国ではなく「自己愛」の愛国主義者たち

続きを読む


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「ポスト真実」と「オルタナティブファクト」 ~要は嘘ニュースをネトウヨが利用している件 [社会情勢]

160130fake1.jpg
日比谷公園のでっぷりしたネコ~DHCによるスラップ訴訟勝利報告集会途上で

 年始早々東京MXテレビがやらかした。
 1月2日放送の「ニュース女子」。制作は株式会社DHCシアター。化粧品大手DHCの子会社で、DHCの会長でもある吉田嘉明氏が会長をしている。
 私の知り合いが、正月は見る番組もないからとMXをつけていたら、正月早々あまりの内容にびっくりしたと言っていた。


 この「ニュース女子」。沖縄の反基地闘争を揶揄し、それに飽き足らず事実とは全く違うウソを垂れ流して、早速問題になっている。
 全国紙でいち早く問題にしたのは「しんぶん赤旗」だったようだが、東京新聞(論説副主幹の長谷川氏がこの「ニュース女子」の主宰)や朝日新聞などの一般紙でも報道され始め、とうとう28日、朝日の社説にまで取り上げられた。

 内容についてはここでは詳しく触れない。東村の基地建設現場(反対運動の現場)から道路距離で40kmも離れているところから「ここから先は危険」とか、反対運動の参加者には日当が出るとか、連中のデファクトである中韓ヘイト発言があるとか、そもそも「ニュース」のくせに取材していないとか、あまりにもばかげていて、反論することに意味はない。

 問題はこれが、最近ネットで蔓延している「嘘ニュース」と同列レベルということ。それがマイナー局とはいえ、一応放送法の下にある地上波で放送されてしまったことにある。

 まあ、あまりのウソぶりにBPOでの審議もこれから始まるようだし、はじめはネットと赤旗くらいだったのが、今や全国紙各紙に取り上げられはじめた。ネット右翼の妄想そのままを地上波で流すという行為がどんな結果を生むかについて、ネトウヨの皆さんもしっかり注視してもらおうではないか。

ネトウヨによるウソが蔓延する世界~情報があふれる世界で蔓延しがちなウソ

続きを読む


nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

オスプレイが墜ちる ~日本はすでに法治国家ですらなかった [社会情勢]

161223okinawa1.jpg


 沖縄でオスプレイが墜落した。

 空中給油中のミスで、ローターが破損。コントロール不能になって墜落した模様。
 パイロットは全員脱出し死亡はなかった。兵員輸送中ではなかったため、事なきを得たようだ。

 墜落地点は大浦湾の浅瀬、一番近い民家からわずか300mとのこと。

161223okinawa2.jpg
宜野湾市の普天間基地。オスプレイが見える。この中のどれかが墜落し、どれかが胴体着陸したのかもしれない。

 報道から見ると気になる点がいくつか。

 この機体は、かなり慌てて飛行していたようだ。空中給油用のプローブが伸びっぱなしで墜落している。普通は引っ込めるから。
 エンジンは巡航モードのままだった。この状況での不時着は、間違いなく機体の破壊を意味する。この機体のローター破損は、ホバリングモードにすることも出来ないほどの不安定さだったのだろう。
 そしてコクピットのドアが開いていた。おそらく不時着を狙って墜落大破後に、パイロットらが脱出したのだろう。この位置から空中で脱出することはまずない。ローターに巻き込まれるから。

 通常の機体であれば、片側エンジンの破損程度ではなんとか着陸できる場合が多いのだけれど、オスプレイはそれが出来ない。
 そもそも巡航状態のままで着陸は出来ないから、最終段階でホバリングモードに切り替える必要があるのだけれど、片側エンジンのみではそれができないのだろう。不時着しても大破は免れず、普天間や嘉手納基地に不時着すると一定期間基地の運用を停止する必要があるから、キャンプシュワブにほど近い、大浦湾の浅瀬を狙ったのではないかと私は思う。

 陸地に向かえば沖縄県民を危険にさらす、という気持ちがあったのかどうかはわからない。たぶんあったのだろうと思いたいが、宮森小学校墜落事件(1959年)や横浜ファントム墜落事件(1977年)や、今時事故後の四軍調整官ニコルソンの態度から見て、優先度はどちらだったのかについての疑問はある。

沖縄「植民地意識丸出しだ」 オスプレイ抗議に米軍激怒(朝日新聞2016年12月15日)

 事故から一夜明けた14日。沖縄県の安慶田(あげだ)光男副知事が、米軍キャンプ瑞慶覧(沖縄県北中城村など)を訪れ、事故への抗議文を読み上げた。  安慶田氏によると、その際、在沖米軍トップで第3海兵遠征軍司令官のニコルソン四軍調整官の表情はみるみる怒気に染まっていった。ニコルソン氏は「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきで表彰ものだ」と述べた。安慶田氏が「オスプレイも訓練もいらないから、どうぞ撤去してください」と伝えると、「政治問題化するのか」などと話し、テーブルをたたく場面もあったという。  会談後、安慶田氏は記者団に「植民地意識丸出しだ。私たちからすると、抗議するのは当然だ」と感想を述べた。(後略)


V-22オスプレイは危険なのだろうか~兵器として根本的な欠陥がある

続きを読む


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

Fidel Castroが死んだ。~一つの時代の終わり [社会情勢]

 フィデルが、死んだ。

 もう90歳であるし、自身の行く末-もう長くない-をわかっていて10年前に事実上の引退をしていた。自身の死という、世界に与える影響を知っていたからこその引退劇に、私は当時からこの革命家のすがすがしさを感じていた。

 それでも、本日のような事実を突きつけられると、少なからぬ衝撃を受ける。

 ラテンアメリカの研究を一時でも行っていた身としていては、この事柄が、フィデルの死という現実が、どれほどの影響を与えるのかについて、考えざるを得ない。
 それこそ、最近ではウゴ・チャベスの死と同レベルに。ウゴの死以降のラテンアメリカの政治状況がもたらした影響とともに。

 ウゴも、フィデルも、同じこととを考えていたことと思う。自身の人生の行く末を。そしてその時間を。ベネスエラ・ボリバル共和国では、原油価格下落に端を発した経済的混乱と、ウゴ亡き後の反動の巻返しに困難をきたしている状況。

 そしてキューバは、、今後どのような状況になり得るであろうか。それでも私はキューバの、

 独裁といわれながらその「独裁者」が清貧であったがゆえのクーバを、

 フィデルであるからこそ、

 カミーロが革命のメンバーであったがこそ、

 チェが、その革命を支えていたがこその、

 奇跡の国家であったことを見つめていたい。

 それは一つの時代の終わり。一つの青春の終わり。立場の違いはあれども各人が想いを致す、なにかの終わり。

 エルネスト・"チェ"・ゲバラと同時代に生きた人々が感じる、とうとう何かが終わったという時代感覚の、それだろうか。
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

二つの選挙を終えて、70年前のドイツを思う [社会情勢]

7月の参院選、そして月末の都知事選を振り返り、以下私の感想。

160804nazi1.jpg

160804nazi2.jpg

160804nazi3.jpg
ヒトラー~最期の12日間~」よりヨーゼフ・ゲッベルス

 このゲッベルスの発言、現在の安倍政権や大阪府知事などしていた橋下徹らと、笑っちゃうくらいそっくりですね。

160804nazi4.jpg

160804nazi5.jpg

 ご存じアドルフ・ヒトラー。何かと自己責任論をぶつ新自由主義者にそっくりです。

続きを読む


nice!(27)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

由らしむべし 知らしむべからず ~「政治を持ち込むな」というバカと政治から国民を遠ざけバカ化したい自民党との関係 [社会情勢]

160707fools.jpg
へうげもの 22巻より

 なんだか、盛り上がりに欠けているらしいのである。

 参院選が。

 そして争点が曖昧なまま、現政権である自民・公明が、いずれ自民の極右派と合流するであろう「おおさか維新」と併せて、改憲派が2/3を参院で得そうな雰囲気であると。

 これは何なのか。

 ちょっと前にこんなことが話題になった。内容や経過については以下のサイトに詳しい。
フジロックSEALDs奥田出演に「音楽に政治を持ち込むな」と炎上させたバカどもは音楽とフェスの歴史を学び直せ (リテラ:2016年6月21日)

(前略) こういった炎上コメントが飛び火し、「#音楽に政治を持ち込むな」というハッシュタグができる事態にまで発展したのだが、この状況に対し、まず、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文氏はツイッターにこうポストした。

〈フジロックに政治を持ち込むなって、フジロックのこと知らない人が言ってるよね。これまでいくつものNGOやアーティストがさまざまな主張をステージて繰り返してきたわけだし。ただ、ちゃんと真顔で「うるさいよ、馬鹿」くらいは言い返しておかないと、ちょっとだけ何らかの自由が削られる気がする〉(後略)


 まあ、タイトル通りの事柄なのである。(*)

(*)まあもっとも、ネトウヨがフジロックに絡んだ原因は、SEALDsの奥田愛基氏が出演するということも大きいのだろう。amazonをみると、彼関連の書評(ユーザーが匿名で自由に書ける)がネトウヨの誹謗中傷で埋め尽くされているのがわかるだろう。要は彼がネトウヨのターゲットになっているということなのだ。で、フジロックに奥田氏が出演することに、ネトウヨ脳が噛みついている、と言うことでもあろう。

 最近このような事象が多い。

 「政治的」とされる事柄を一方的に排除し始める事例が。

安倍政権になると激化する「政治的」なものの排除

 たとえば2014年、「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」と詠んだ俳句が三橋公民館の「公民館だより」に掲載されることになったが、公民館側が公民館報の俳句コーナーを削除して一方的に発刊した事例

「九条俳句市民応援団」

 東京国分寺市で行われる「国分寺まつり」に地元の「国分寺9条の会」が、2014年以降「政治的」を理由に出店を拒否された事例

国分寺9条の会

 で、2014年から一斉にこのような事象があちこちの自治体で発生しているのである。いずれもそれ以前は行政が後援することはよくあった。憲法が99条で公務員等による憲法遵守義務を謳っているから、これは当たり前であったのだ。
 それが安倍政権発足から1年ばかりたってこのような事態が多発することに、関連性を無視することはできまい。

 こんな情報もある。

<池上彰がテレビ局の「忖度」の裏に安倍政権の圧力があることを明言!「テレビ局には連日、抗議と“電凸”が」(リテラ:2016年7月6日)


続きを読む


熊本県の地震被害に乗じて火事場泥棒を行う輩 [社会情勢]

新年度が始まりました。4月はやっぱり忙しい。

 15日から発生した熊本の巨大群発地震は、直下型地震としては近年にない大きな被害をもたらした。改めて日本列島というのは、多くの活断層が存在する地震国なのだなと思う次第。
 私の住んでいる地域も、間近に活断層を持つとされる地域であり、今回の地震は他人事ではない。

 さて、まだ一週間もたたないうちに、このような報道がなされている。

避難者宅など空き巣の被害 警察、注意呼びかけ 熊本地震(朝日新聞:2016年4月19日)
 警察庁は18日、熊本地震で避難している人たちが自宅などの空き巣被害に遭う事件が7件確認されたことを明らかにした。警察は不審者に注意するよう呼びかけている。警察庁によると、14日の地震発生後から18日午前7時までに熊本市で4件、熊本県大津町で2件、同県益城町で1件の被害が確認された。(デジタル版全文引用)


 最近一部でもてはやされている「日本Sugeeee」的な本には、日本は災害時でも犯罪一つ起こらない的なことを書いているものもあるが、東日本大震災、特に原発災害によって避難した福島県下では、多くの窃盗事件が発生した。私も2012年の福島県調査で、窃盗に怒る被災者の貼り紙を見たし、同県で被災した人を追った優良なルポ「ふくしまノート」でも、多くの人が空き巣被害に遭ったことを告白している。




 災害に乗じてこうした行為をなす人を称して「火事場泥棒」と言う。これら犯罪行為に軽重はつけられないけれども、多くの犯罪行為の中でも倫理的に「最低」とも言えることなんじゃないかと思う。

 さて、火事場泥棒は熊本や福島だけではない。もっと多くの火事場泥棒があちこちで発生している。熊本の地震被害をあざ笑うかのように。

憲法に緊急事態条項を組み入れたい安倍政権が行う「火事場泥棒」

続きを読む


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

東京都の卒業式に見る統制 [社会情勢]

160329gra0.jpg
イメージ映像(一応)

 上の娘が卒業する。

 小学校を。

 小学校に上がったことをついこの前のように思い出すことができる。本当に長かったような、あっという間だったような。
 低学年時、若干の学級崩壊っぽい感じになった-担任教師病気休職した-こと以外は、特に大過なく進んでいたように思う。

 半日ほどかかった卒業式が終わって、校庭に集まった教師と児童、そしてその親が写真を取り合っている。それこそたくさんのペアを作って。あちこちで、パシャパシャ写真を撮っているのが現代の光景っぽいなあと思いながら、校舎を後にする。

 娘と仲の良かった子は、同じ学区ではあるのだけれど、スポーツ特待や私学受験などで別の学校に行く子も何人かいる。

 これが今の卒業式だ。


 さて、単に喜んでもいられないこともある。


 今年も早々と「処分」された教職員がいた。24日に行われた卒業式での「処分」内容が翌日付で発表され、その翌日に新聞報道されるのだから、これはもう内容の検討もない機械的な処分というものだろう。

 それは、「君が代」斉唱時の不起立による「処分」である。

続きを読む


nice!(25)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あれから5年 [社会情勢]

 先だって私が勤めている病院の屋上を、清掃する機会があった。もう何年もそのままになっていてあちこちにゴミがたまっている始末。屋上への立ち入りは禁止しているので、誰も気にせず過ごしていたが、これでは施設管理上まずいということで清掃をした。

 以前こんな記事を書いた。

放射能を計る~ガイガーカウンターとアトムレンズ

 震災一年後に書いたこの記事は意外に人気であったのだが、あのとき屋上の放射線量を測定していた。そしてホットスポットっぽいところがあることも見つけた。そんなことをこの記事に書いた。

 もっとも、たいした線量ではないのだが。

 で、清掃の前、一応業者に伝えておいたのである。「例の原発事故で放射線量が高いところがあったよ。念のためね」と。
 そしたら業者が屋上から回収した残土を測定。こんな数値が出てしまった。

160312qu1.jpg
余裕で基準突破の0.5μSv/h。残土にかけたブルーシート上で測定。画像は数値が見やすいようにコントラスト補正をしてある

 業者はこの残土を持って行ってはくれなかった。当たり前。しかも業者がビビってしまい、今後の作業についても及び腰になってしまった。
 規定上この屋上残土は放射性廃棄物として処理しなければならないんだそうだ。


 ほどなくして市の職員が来た。HORIBAのお高いシンチレーションカウンターで測定をする。私が買ったエステーの安いシンチカウンターと昔買ったロシアのガイガーカウンターと同じ数値が出る。そしてこの「放射性廃棄物」の取扱いについて説明してくれる。
 取扱いは以下の通り。

1.まず敷地内に穴を掘る。
2.放射性残土をそこに埋める。
3.その上に土をかぶせる。
4.そして放射能の測定値が0.23μSv/h以下であればOK。

 うんわかった。

 いやいや待てよ。

 これって何?

 穴掘って埋めるなんて結構な手間だぜ。
 敷地だって確保しなきゃならないし、そんなもの埋めた土地は再活用しにくいじゃん。その辺の手間を全部病院に任せるわけ?
 そもそも放射性セシウムをまき散らしたのは何処のどいつよ。
 そいつらは何の責任も取らないの?

 これ東電が責任持って処理することじゃないの?

続きを読む


nice!(20)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

2015年がもうすぐ終わる ~社会の進歩は紆余曲折 [社会情勢]

 今年を振り返って何より思うのは、とうとう来るべきところまで来てしまったのか、ということ。

 それは何より9月に強行された戦争法によるもの。

 すでに2013年末の国家機密法(特定秘密保護法)強行可決で明らかなように、そもそもデモクラシーをわかっていない安倍政権官邸が、国政選挙のない2015年に果たしてどれほどまでに民主主義を蹂躙するのかは、予想できたことではあった。
 安倍政権の非民主制、というかデモクラシーやら立憲主義といったものを根本からわかっていない、というかそれに敵対する政治姿勢をとっていることに、私も何度か批判的なエントリをあげた。
 しかし、改めて振り返ると、ここまで進んだのか、と改めて思う。



 12月31日、年の瀬のしんぶん赤旗3面には「安倍政権のメディア戦略」と題して、安倍官邸筋のマスメディア対策について特集が組まれていた。

「圧力/介入の一方/幹部と重ねる会食」(しんぶん赤旗:12月31日)

続きを読む


nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 社会情勢 ブログトップ