So-net無料ブログ作成

晴着ほむら ・・とちょっと昔話 [ガジェット]

141014homu1.jpg
 やっと、つかまえた届きました。

 アニプレックスから。

141014homu2.jpg
 元絵はこれです(aniplex+サイトにて)。

141014homu3.jpg
 元絵のアングルで。

141014homu4.jpg
 やや右側からみたところ。右上腕に分割線。制作者さん悩んだろうなあ。

141014homu5.jpg
 顔アップ。ここまで拡大すると気泡っぽいものが見えるが、実際にはわからない。
 まどかや(これから発売される)マミ、さやか、杏子と違って「舞妓」ではなく「晴着」バージョンなので、髪飾りはありません。
 表情がやさしい。

141014homu7.jpg
 こちらが劇場版(前後編)のほむら。表情がきつい。

141014homu8.jpg
 TV放送終了後に発売されたほむら。劇場版と同じ素体だが、よりクールな表情。

141014homu9.jpg
 三人?そろって。身長も同じようにそろえられている。晴着ほむらが大きいのは下駄のせい。

製品としてこの作品を見てみる

続きを読む


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

Parrot ZIK ~ネット世代のヘッドフォン [ガジェット]

140930parrot1.jpg

ふとしたことから~まあ要は安価だったから~これを買う。

140930parrot0.jpg
Parrot Zik ビックカメラ立川店にて この価格のおおよそ6割で購入できました

 Parrot Zikとは、無線(Bluetooth)で接続する、高音質、かつ高機能のヘッドフォンである。発売は2012年の7月だから2年前。この手のものでは当然のことながら、現在でもファームウェアを更新し続け、古さは感じさせない。

140930parrot2.jpg
Parrot Zik本体 このように持ち運びのための袋がついてくる

 デザインはフィリップ・スタルク。90年代に一世を風靡したフランス人のデザイナー。私は写真の通りホワイト/ローズゴールドにしたけれど、イエローゴールドやブラックもある。ホワイト系のデザインは後になって発売されたようだ。

 Bluetooth/NFCで接続する高級ヘッドフォンだが、有線での接続も可能。しかし有線ではいろいろと制限が出るようだ。

 おもしろいなあ、と思ったのが、このヘッドフォン、本体(右側)をスワイプで操作する。ボリュームの大小は指で上下に、前後にスワイプすると選曲も可能。ヘッドフォンを耳からはずすと、音楽も停止するんだそうだ。

 そして極めつけ、スマートフォンを使うとフルコントロールが可能。iPhoneやAndroid端末で。アプリを使って。


 さて、実際に使ってみる。

続きを読む


痛印堂で痛印を・・暁美ほむらの痛印が届きました [ガジェット]

140122itain1.jpg

 ええ、そう。とどきました。当初の予定からちょっと遅れて、1月半ばほどに。昨年11月、「痛印堂」で発注した「魔法少女まどか☆マギカ」の印鑑が。

 11月の受注開始当日は、すさまじいアクセス数でしばらくサーバーが停止していた。私は受注開始直後にアクセスしたせいか、うまく注文画面まで進めて無事に発注できた、という訳です(実際は当日の夜10時頃までは在庫はあったようだけれど)。

140122itain2.jpg
こんな感じの印鑑。ツゲ製。ものの見事に「痛印」となっています

140122itain3.jpg
2本買った人にはこんな箱がプレゼント(印鑑箱なので実際にはとても小さいものです)

140122itain4.jpg
革製捺印マット(保管用になると思う)

140122itain5.jpg
丸印と角印 そして印章

続きを読む


nasneが故障した ~録画したデータの復旧はできないので1年分の番組が消える [ガジェット]

 ソニー製品が壊れると「ソニータイマー」とか言われるけれど、それは言いがかりだ。
 今回の故障は内臓HDDの不具合。HITACHIかTOSHIBA,Seagateの問題だろう。にしても・・。


 さて、表題の通り、nasneが壊れました。ソニーの、ネットワークにつなげて使う、TVチューナー兼NASのアレです。

 とある外出前、録画予約状況をチェックしようとPS3からTorneでアクセスすると、nasneが見えない。
 嫌な予感がして、nasne本体を見る。ステータスランプが点滅している。すぐに外して手元で電源を再投入。音を聞いていると、「ちっちっちっち、かりかりかり」と内蔵HDDが一定間隔で同じような音を出している。そして「ぴゅーぅぅん」と静かな音がしたと思ったら無音になった。ステータスランプは点滅状態。
*うまいこと動作しないHDDは、こんな音を出します。ヘッドがディスクにアクセスしてトラック情報とか読みに行こうとするんだけど、何らかの異常で読み出しできないから、モーターの回転を止めてしまうという・・。

140112nasne.jpg
ぴゅーぅぅん

 ああ、逝ったな。HDDが。1年分の番組が死んだぞこりゃ。

構造上復旧はできないのが明らかなのでもうあきらめている私

 私のnasne、多くは外付けHDDに番組データを保存しているはずだが、nasneは外付けHDDを接続すると、本体と外付けHDDを合算した容量表示になる。つまりHDDをスパンニングしてるってことだ。
 そうじゃなかったとしても、いずれにせよnasne本体側に著作権情報などを保管しているはずだから、外付けHDDのデータも、無為なものとなるだろう。
 覚悟はできた。あきらめきれないが覚悟だけはした。

 外出先から帰って、プレイステーションクリニックにアクセスする。
 PS3の場合は、ネット上で修理受付をして、それから送付するのだけれど、nasneの場合はいきなり送りつける。ただネットからダウンロードして使う、故障状況などを書いた紙(お客様カルテ)を添付しなければならない。

 プレイステーションのトップページから「修理のご相談」を選択して「周辺機器サポート」を選ぶ。

140112nasne2.jpg

続きを読む


メガーヌのタイミングベルト交換・・と3回目の車検 [ガジェット]

131126megane1.jpg

 メガーヌの車齢が9年を超えた。私がこれを手に入れてから5年と半年。3度目の車検である。
 前回の車検でディーラーから、タイミングベルトの交換を勧められていた。このベルトが何らかの理由で切れたりすると、エンジン全損となってしまう。ただ、一般的な日本車は10万kmか10年で交換なのに、当時車齢7年程度、走行距離2万3千kmで交換を勧めるとは、まだ早いんじゃないかなあ、と思ってそのままにしていた。

 それで今回の車検、ディーラーから見積もりが届いた。タイミングベルト交換だけで約15万くらいの金額が書かれていた。車検整備と合わせ30万円を優に超えてしまう。どうしたものか。
 今や私のメガーヌは、中古販売価格で30万円だからなあ。

欧州車のタイミングベルトは早めの交換を

 以前から、そろそろディーラーさんから離れて、近くの整備工場にお願いしてみようかな、と思いつつも、じゃあどこにしようかと思案していた。そういえば以前付き合いのあった人から、国立市にいい店があるよとの情報があったのを思いだし、国立六小近くのお店に連絡してみる。そこは口コミで客を募っており、ウェブサイトも宣伝もしていないところなんだそうだ。
 電話をして、その店を知った経緯などを話すと、大変喜ばれた。

続きを読む


nice!(9)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

XperiaULをサクッと痛スマホにして・・みたんだけどさあ [ガジェット]

130831custom1.jpg
2年経ったZAGGSKIN。かなり使っていたのに、そんなに劣化していない。こんないい製品をディスコンするなんて・・

 ケータイを替えたのである。初めてスマホにしてから2年たって機種変の時期になった。
 販売店から機種変に使える5000円引きのクーポンが届く。じゃあそろそろ替えるかと思う。しかもauから、いい感じの機種がふたつ出たから。

 HTCのHTCOneとSONYのXperiaUL。

 画面解像度は同じ。FullHDだ。処理速度はHTC Oneがちょっぴり早く、画面はXperiaがやや大きい。大きさはXperiaがちょっと小さい。
 HTCはアルミ。Xperiaはプラスチック。

 で、決めました。Xperiaに。

 決め手は何か。確かにXperiaは、カメラのCMOSセンサーがHTC(HTCはわざと画素数の低いカメラを積んでいる)よりいい。アルミ外装よりプラスチックの方が私の好み。

 ・・なんだけど、一番の決め手は、Xperiaは裏ブタが全面的に外せるようになっている。HTCは上下に数mmのパーツが残ってしまう。この「全面的に外せる」というところがポイントだ。なぜこれが?それは・・。

・・・・・

 2年前に書いたHTC EVO WiMAXの痛化記事は結構好評で、かなりのアクセスをもらった。はてブでもコメントを書いている人がいた。けれど高品質だったZAGGSkinを販売していたZAGGは、残念なことに製品の販売を取り止めている。
 仕方ない。別の会社を探すか、といくつか探してみたんだけど・・。

GelaSkin

 Xperiaは一応日本発のスマホとしては世界でもっとも売れているブランドで(ただしシェア10%程度)大丈夫かと思ったんだけど、やっぱりか。XperiaULは日本専用で、XperiaZLが対象となるんだけれど、このSkinデータがどのサイトにもない。
 すると日本にもこのようなカスタムスキンを作成しているところがいくつかあった。

オリジナルプリント.jp

 ただここが用意しているのは、スマホの保護シートではなく、ただのシールみたいなのだ。
 ちょっと残念だが作ってみる。

続きを読む


Xperia Tablet Zを買って改めてiPadの良さを実感する [ガジェット]

130626xperia1.jpg
iPad2とXperiaの大きさ比較。同じ10インチ画面でもこんなに違う

 現時点でおそらくいろいろな意味で最高のAndroidTablet、SonyのXperia Tablet Zを購入した。
 表題にはこう書いたが、なかなか出来の良い機械だ。

 iPad3以降のRetinaディスプレイモデルを1年以上前に見て、その映像の精細さに驚き、以降FullHDのモバイル端末を探していた。非常に高価な機械ではあるのだが、PCDepotの電子雑誌定期購読に合わせて入手したもの。厳密にはレンタルだ。
 さて、しばらく使ってみて、いろいろと善し悪しが見えてきた。

とにかく軽くて薄い

 軽い。実測で480gと、iPad2の実測630gと比べて明らかに軽さを感じる。iPadはちょっと「ズッシリ」感があるのだ。
 そして薄い。iPadなどと違って、このXperia Z、タブレットもスマホもフラットなデザイン。エッジに向かって薄くなるiPadなどの機械とは異なり、厚さはどの部分でも均一。

130626xperia2.jpg
iPad2と並べてみる。わずかに薄い。iPadの保護フィルムが汚いが、2年経ってもZAGG Shieldは、なんとか健在です

 薄いと思っていたiPadよりさらに薄い。わずかの差ではあるが、実際の印象はもっと大きな差を感じるのだ。
 そんなわけでよく外へ持ち出すようになった。iPadは持ち歩くにはちょっと気合いが必要だ。重さ100gそこそこ。薄さは1mmほどの違いもない。けれど心情的にはこのくらいの差が出る。

続きを読む


とある自治体の地域振興 ~ローソン立川曙橋店に見る [ガジェット]

 とある魔術の禁書目録・・劇場版が23日から公開されるに当たって、立川市のローソンが若干派手になっている。

130218anime1.jpg

130218anime2.jpg

130218anime3.jpg

ローソン立川曙橋店 全国で唯一の「禁書」ラッピング店舗 2月25日までの限定

 「とある魔術の禁書目録(インデックス)」とそのスピンオフ「とある科学の超電磁砲(レールガン)」。舞台となる学園都市がここ立川市(立川駅周辺)と多摩市(多摩センター駅付近)ということもあり、2010年頃は聖地巡りで結構なブームがあった。
 地元の商店街なども乗り気になって、一昨年には1月に学園都市マップ(ちょっと淋しい出来映えだったけど・・)を配るイベントをしたり、市の観光イベントでグッズが配られたり、ノボリが作成されて、今でも市内の店舗前に飾っているところもある。

続きを読む


nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

amazon.comで(消費電力の大きな)家電製品を買ってみる [ガジェット]

130213ama1.jpg

 もはやネット本屋ではなくなってしまい、総合ショッピングモールサイトになっているamazon。
 ドルがじわじわと上昇しているが、まだまだドルの安さは際立っている。そんな今だからこそ、海外通販を積極的にやってみたい。
 今回はamazon本店の、amazon.comで買い物をしてみる。
 でかいところなので、お気楽に買い物ができるのが魅力だ。

130213ama2.jpg
「日本で買い物をしましょう」amazon.comにアクセスするとまずトップページにこの言葉が表示される。

 余計なお世話である。
 日本のamazonと同じく多彩な品揃えだが、日本に送ってくれる品物はそんなに多くない。カートに入れてShipping Addressを入力すると、結構な頻度で「その住所へは配送できません」と言われる。
 そんなだから輸入代行業者が合州国にはたくさんあって、いったんAmazon等から代行業者へ配送し、そこから日本へ輸出するという業者が重宝がられているらしい。けれどそんな代行業者を使うのも面倒なので、輸入できるものだけ買ってみる。

続きを読む


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

値段10分の1以下~EPSON用互換インクの傾向と対策 [ガジェット]

廃インク吸収パッド交換と注意文

 病院で使っているインクジェットプリンタ、EP-901Aがエラーを出した。廃インクパッドが限界になったとのことで、一切の印刷ができない。電源を入れるとピーピー警告音が鳴ってうるさい。3年くらい使ったっけ。半ば業務用途だから、結構な印刷枚数だったはず。

 自分でできないかと思い調べるが、廃インクパッドを清掃するだけでなく、リセットソフト(主に海外製のフリーのもの)を手に入れて、USBケーブル接続し、ステータスをリセットする必要があるのだそうだ。そんなソフトをダウンロードしても、当院のSymantecが警告を出して使わせてくれない(無理すれば使えるが)。仕方がないのでEPSON送りにする。MyEPSONに加入すればポイントバックがあるとかで、加入するけれど、いちいち確認を要求されてブチ切れそうになりつつもなんとか登録する。

 業者が梱包材とともに回収しにくるコースを選び、送料含めて締めて5,775円。修理依頼から正味4日で戻ってきた。

image.jpg
こんな注意書きが

image.jpg
領収書

 インクジェットを職場で導入し数年後、amazonで、互換インクというものを買って使い始めた。今回その互換インクを入れたまま修理依頼したのだが、ご丁寧に注意書きが添付され、インクカートリッジは外されてきれいに梱包、返送されてきた。注意書きによると「互換カートリッジは品質に影響を与える」のだそうだ。メーカーにしてみれば、純正品でないインクは保証できないから、この注意文はまあ、気持ちとしてはわかる。

安いから互換品を使うのだ

 けれどメーカー純正品は6色セットで安くても5千円弱もする。サブ業務に使っていることもあり、インクは結構頻繁に替えるのでこのコストが馬鹿にならない。これに対し、互換インクは6色セットで300円くらいのこともある。じゃあと思い試しに買ってみてもう1年以上。トラブルもあるが使い続けている。

続きを読む