So-net無料ブログ作成

なんだこれは ~衆院選前のゴタゴタのこと [社会情勢]

*ありゃ、しばらく更新しないでいたら広告が出ちゃってるよ。

 私は子どもの頃から、政治の世界を見ているけれど。それこそ小学生の頃から。

 この間の一連の流れは、今まで見た中で一番ひどい。

 これまでの日本の政治では、ありえない。

エスポワール小池が若狭を出し子にした第三極詐欺を始めた時点で、改憲勢力が衆院3分の2を確保することは確定だったので特に驚きはない(誰かの妄想・はてなブログ版)

1.森友・加計学園問題で政治の私物化が問題になる
     ↓
2.野党各党が憲法に基づいて臨時国会の招集を政府に求める
     ↓
2.2.民進党が前原誠司を代表に選ぶ
     ↓
3.ようやく9月に臨時国会招集すると同時に国会を解散する
     ↓
4.都民ファ○ストの勢いを利用して「希望の党」とやらが出来る
*○の中には「ー」か「シ」をお好きに入れてください
     ↓
5.前原が民進党衆院議員全員を「希望の党」に合流させることを決定
     ↓
5.2.いわゆる民進党「リベラル系」も全員がこの方針に賛同する
     ↓
6.「希望の党」代表の小池百合子が民進党「リベラル系」を排除する
*この時点で「希望」が実は「絶望」「失望」だったことが誰の目からも明らかに
     ↓
7.排除された民進党議員の一部が「立憲民主党」をつくる


希望から「失望を通り越して絶望です」愛知1区の吉田氏(朝日新聞)

 「失望を通り越して、絶望も絶望ですよ」。愛知1区に立候補を予定し、希望の公認を求めていた元職吉田統彦氏(42)は3日、記者会見で不満をぶちまけた。(中略)
 立憲民主党の長妻昭氏から勧誘され、「左派ではなく中道と確認した」。吉田氏は1区に同党から立候補する決意を語った。(後略)


 とはいえ、上記のニュースを見ると、なんだかなあ、と思わざるを得ない。東京25区の立憲民主の候補者もそうなんだけど、何度も「○望」(*)にアクセスして、公認を得られないから立憲民主の公認をなんて人がいる。そもそも政策が全然違うところから立候補して、自身の中に矛盾は感じないのかねえ。
*○の中には希、失、絶のいずれかを

いろいろゴチャゴチャしているときは基本に立ち返ろう

 そもそもなんでこんなことになったのか。

 まず第一は、政治の私物化が問題になる中で、政府が憲法に反して臨時国会の招集をしなかったことにある。憲法違反を繰り広げて、かつ臨時国会冒頭に解散する、正に立憲主義の基本が侵されている現状を認識したい。

 そして政治の私物化。森友・加計学園問題はいうまでもなく安倍およびその周辺の人物と親しい人に、便宜供与が行われた事件だ。他にも安倍とべったりの「ジャーナリスト」山口氏のレイプ事件もみ消し問題もある。
 これらすべて、かつてなら一つ明らかになっただけで、政権が吹き飛ぶほどの大事件だ。

あの人のことば「私は、被害者Aではない。伊藤詩織です」元TBS記者のレイプ疑惑を顔出しで公表した理由(ハフポスト2017年10月17日)
*大変勇気のある行動に敬意を表します。今後も応援していきたい。

 それがこの選挙でうやむやになろうとしている。いやマスメディア的には、今もうすでにうやむやになっている。その要因が上記の「新党」関連のゴタゴタだ。

前原という男のダメさ加減

 最大野党がいきなり事実上の解散をして、新党に合流するという。「希望」という名の「絶望の党」に。しかも合流方針を満場一致で決めた直後に、小池百合子が否定の会見をしてしまう。しかも合流には-野党共闘の出発点になった-安保関連法=戦争法に賛成せよ、九条改憲の憲法改悪に賛成せよ、とくる。これでは呑めない議員も多かろうに。

 これまでの野党共闘は、市民や他党との関係はどうするのか。そもそも野党共闘でたくさんの民進党議員が当選している参院はどうするのか。そんなことも確認しないまま合流方針を小池側に伝えたのか。私はそれがはなはだ疑問なのだ。

 もしかしたら前原は、民進党を解散して、結局のところそれを功績として自民党に行きたいのでは、そう勘ぐってしまうほどのダメさ加減。

 思うに前原という男は、期を見るのが本当に悪いというか、脇が甘いというか、だらしないところがある。この男、以前民主党代表だったとき、いわゆる「永田メール事件」で代表辞任した。あの時は雑なソースで自民党幹事長を攻撃し、逆にやり込められて当の議員は辞職後に自殺してしまった。
 政権幹部を追求するのだから、党首にその内容が伝わっていないわけがない。要はきちんとソースを確認しないで、怪文書にのっかってしまった脇の甘さがあった。
*私も怪文書の類いはよく見たことがある。そんな場所にいたこともあった。

 全くその反省がないままの男だったことが、今回のゴタゴタでまた明らかになったのである。


再度:今回の選挙での本当の争点は~政治の私物化を考える

 今回の選挙の争点は実はなんだろうか。自民党、安倍政権はその本当の意図をひた隠す。それは実は憲法なんだ。憲法の非戦事項、つまりは憲法九条の改悪。それがこの選挙の実は最大の目的だと私は考える。

 そもそも今回の選挙の発端は、自公政権が憲法に反して臨時国会を開かないことからきている。

 その憲法を無視し、立憲主義を踏みにじる政府が、自民党が、その衛星政党(維新、希望ら)が、憲法改悪を企んでいる。
 憲法を守らないことを態度で示している人たちが、憲法を変えると言うという滑稽さ。これすなわち、政治の私物化と思考が同じなのだ。

 自分に都合が悪い憲法には従わず、そしてこれを変え、国民をそれに従えようとする。自公とその衛星政党は必ずやる。今回の選挙で民意は示されたとし、改憲への発議を間違いなく行う。そして改憲が実行されれば、脆弱な「民主主義」によって立つ日本国は、間違いなく凋落の道に進む。

 これこそ「政治の私物化」が究極的に進んだ姿と言えよう。その姿とは何か。それはつまり「独裁」だ。独裁とは何も特定の個人が政治を牛耳るだけではない。特定の組織が政治を意のままにすることも「独裁」なんだ。
 それはお隣の中華人民共和国がしているような、そんな政治。まだ日本はそこまで行っていない、と思う。

 だから投票は野党共闘へ。それかこの間一貫してぶれてこなかった共産党へ。

PostScript:なんだか最近は

171019poli1.jpg
ありもしない「脅威」をあおる~朝日のサイトに執拗に現れる自民党の広告

 しかし自民党の広告が多いなあ。資金力と組織力に長けた与党が、大量に広告を配信し続けるというのは、民主主義の基本からみてどうなんだろうとも思う。この国の「民主主義」は、何かどこかでゆがんでいる。
 そのゆがみを正さなければ、いつまでもこんな残念な政治状況は続くだろうなあ。
nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 22

コメント 4

えんや

自己中に走る、、、流行政党、、、選挙後にどこへ行くやらの気がします。
騙されません、、、国民を第一にする政治を願って投票ですね。


by えんや (2017-10-20 18:12) 

Mosel

安倍強権政治はもちろんダメだし、それに追随する公明もダメ。思想ややり口が安倍よりひどい大阪維新や小池「絶望の党」は論外。立憲民主も当初は小池にすり寄っていたし、今回は、というか今回もやはり共産党が確実な選択肢と思います。
by Mosel (2017-10-21 08:01) 

ファルコ84

数々の批判を浴びながらも
安倍政権は支持率は下がりません。
国民の多くが支持しているので仕方がありませんが
平和憲法を大切に戦争のない政治をしてほしい
そう思って投票してきました。
by ファルコ84 (2017-10-22 17:32) 

Mosel

「平和憲法を大切に戦争のない政治をしてほしい」。国民の、いや世界の多くがそう望んでいるはずです。安倍政権への支持理由は消極的な内容が多く、風が吹くと飛んでしまうようなもの。
しかし当選議員の8割が改憲に前向きと伝えられます。ここまで世論と選挙結果が乖離する選挙制度も珍しい。与党に圧倒的に有利な選挙制度が、現在の日本を覆っていると解釈しています。
これからのたたかいが重要です。
by Mosel (2017-10-24 06:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。