So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

いわゆるIT企業のイベントに行ってきた ~Hapitas交流会

180526hapitas1.jpg
恵比寿アクトスクウェアにて

 もう一ヶ月くらい前になるのだが。

 「Hapitas」(ハピタス)というポイントサイトがある。ここを経由してネットショッピングなどすると、ポイントがもらえるというものだ。とりあえず何でもここを経由して買い物をするようにしていたら、数万ポイントがたまっていた。1ポイント1円換算なので、そこそこのお小遣いにはなる。

 あるときアンケートのお知らせがあって、それに回答する。何でもユーザーと社員との交流会があるとのことで、その申し込みも兼ねていた。
 しばらくして招待状が届いた。交流会に当選したのだ。Hapitasの。

 場所は恵比寿のイタリアンレストラン。恵比寿に行ったのはウェスティンのスイーツバイキング以来だから2年ぶり。

180526hapitas2.jpg
前座の軽食 食べ放題

180526hapitas3.jpg
実は本会場ではなくウェイティングルーム

 会場に着くと、早速軽食のブッフェがあった。ドリンクも飲み放題。ただしソフトドリンクのみ。参加者はそこそこいて、抽選で選ばれたと言うこともあってか、あまり話をしている人は少ない。
 何か並べて写真を撮っている人がいる。そこだけ少々華やいでいる。そして後日その人のBlogを発見。

 交流会の初めはHapitasを運営するオズビジョン社長らの講演。開始時間がやや遅れたのはご愛敬。

 講演はさほど長い時間をとっていないこともあって、飽きさせず、それでいて今後の展開などいろいろと話を聞く。特に今後の計画などはSNSなどでの拡散はしないでね、とのアナウンスもあり、ここでは触れない。
 皆さん30代。若く楽しげな講演やシンポジウムは勢いのいいIT企業ならではの雰囲気。社長の鈴木氏、ちょうどこの時期に来日していた、アリババのジャック・マー氏にちょっと雰囲気が似ているなあ。

 このポイントサイトが支援しているNPO、Civic Forceの方の講演もあった。Hapitasが支援しているのだそうだ。企業のCSRという観点から、この講演は好ましい。
 ここを支援している理由は災害救助という内容もそうだが、寄付金の使途を明確にしてくれているのだそう。NPOにはなかなかその辺がきちんと出来ているところは少ないのかな。私が事務局長をしていた川田労災認定を勝ちとる会は、年次決算報告は出していたけれど。


楽しく練り込まれていた社員との交流会

 講演の後はお待ちかね交流会。会場設営のためウェイティングルームに戻る。そこには新しい料理が盛り付けられている。フリードリンクにはアルコールも。もうこの場で交流会としてもよいようにも思うが、会場は講演会場にもなっていたホールで。

180526hapitas4.jpg
ウェイティングルームには新しい食事

180526hapitas5.jpg
準備中

180526hapitas6.jpg
乾杯!

180526hapitas7.jpg
社員さんが盛り付けてくれた料理の数々

 交流会は九つくらいのグループに分かれていた。それぞれ担当の社員が付いて、いろいろとおしゃべりが出来る。病院関係と違って、いわゆるビジネス用語での会話が出来る。社員はみんな若くて、荒削りだけれどアグレッシブな印象を持つ。このような交流会は全く初めて開催するとのことで、ちょっとお互い微妙な緊張もあったかな。
 中程にクイズイベントがあり、このグループごとに回答を選択する。クイズ問題は社員でもユーザーでもなかなか分からないよう練り込まれており、私のいるグループは最下位であった。
*参加した皆さんヘビーユーザーなものだから、アンケート結果をクイズにされると、一般の人と認識が違っちゃうから答え間違えちゃうんだよねえ。

意外にオッサン(失礼!)が多かった

 交流会の時間は何と平日の夕方から夜にかけて。このポイントサイト、人気なのだが、こんな時間では参加者層が偏りそうだな、と思っていた。実際のところ、平日昼に時間に自由がきくのは、仕事をリタイアした年配者か主婦層だろう。年配者はポイントサイト、と言うかネット販売をあまり利用しない傾向にあるから(偏見)、参加者は中年女性が多かろうと思っていた。

 会場について一番びっくりしたのは・・

 オッサンばっかりだ・・。

 いやもうアラフィフのおまえもオッサンだろうが、というツッコミは当然として、比較的30-40代の男性が多い印象を持った。女性も比較的年齢層は高そう。私はイベントがある日はよっぽどのことがない限り、「この日、休むから」で予定を組めるが、まあそんな人は意外に多いのでしょうね。

180526hapitas8.jpg
お土産までくれた

ポイントサイトという存在~コアなユーザーをどれだけ引きつけるか

 普段ネットで買い物するのに、ポイントサイトを経由する。
 いろいろなサイトがあって、はじめはクレジットカード会社などが運営するサイト、例えばANAが運営するANAマイレージモールとか、JCBのOkidokiランドとか、セゾンのセゾンポイントモールとか。カードで購入したポイントに加えてこれらのサイトでのポイントもたまるので、最初はよく利用していた。

 ただこういうサイトは、たまったポイントがそのサイトでしか使えないことが多く、またポイントの還元率がイマイチ低かったり、交換する特典の内容が少ないなどの欠点があった。そもそもきちんとポイントサイトが経由されているのかどうか、よく分からないことも多かった。

 「ポイントサイト」というものがあることを知ったのは数年前であった。「Hapitas」や「げん玉」などのサイトがあり、私もいくつか使っている。使用頻度はHapitasが一番多い。よく使っているECサイトが多く掲載されていることと、何よりインターフェースが私に合っているからだ。

 これからこのようなサイトはどうなるだろう。今はネット広告というのは、LINEやTwitterのようなSNSや、閲覧履歴から類似の製品を表示させるような、よりターゲットを絞ったものになっていくようだ。
 そうした中で、このようなポイントサイトがどれだけ今後、維持成長していけるのかについては未確定な要素も強いと思う。しかしこの交流会のようなイベントをあちこちですることで、今までポイントをもらえてラッキー、程度の意識しかなかったユーザーを、コアなものにしていくというのは、今後必要になっていくものと思う。

 少なくとも私は「Hapitas」は、たくさんあるサービスの一つではなく、もうちょっと特別なものになった。この交流会は、そのような効果をもたらしている。

くれぐれも増長だけはなさらぬように

 オズビジョン社長の鈴木氏は30代半ば。他の執行役員は世代がちょっと上のよう。同じIT系で一世代くらい上の人物が、今増長してやらかしちゃっている。

炎上したZOZOTOWN田端信太郎の自己責任論、貧乏人攻撃がヒドい!「生命保険に入って自殺」薦めるツイートも

 成功すると、何か偉くなったような気分になる。それはいい。それはあなたへのご褒美だから。やってはいけないのは、偉くなったついでに、他をけなすことだ。金持ちが庶民を腐すと、それだけで小物感満載のちっぽけな人物に見えてしまう。
 それだけはご注意のほど。
nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 17

コメント 2

cheese999

最近パーティなんて、参加してませんね~(^_0)ノ
by cheese999 (2018-08-26 06:00) 

Mosel

ご無沙汰しています。実はこの翌月にも同じようなイベントがあったんですよ。
by Mosel (2018-08-30 06:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。