So-net無料ブログ作成

肉まみれ~十里木ランドでBBQ [旅行]

20181021jyuriki1.jpg

 先だって職場の仲間とバーベキューをすることになった。それで私も申し込んでいたら、参加者が30人以上になると。
 こりゃ、結構な量を用意しなきゃだぞ。どうする?

 ということで、私と仲間数名で買い出しに行ってくる。入間のコストコへ。
 コストコは米国産牛肉が多いが、豪州産や日本産の和牛などもあり、案外いろいろと買える。
 米国産のリブフィンガー2kg、そのままステーキに出来そうなくらい厚切りの焼き肉用牛ロース2kg、牛タン1本、豪州産ラムラック2つ、豚スペアリブ2kg・・まあ、こんなもんか。
 クラフトビールセットとワインも買っておこう。

20181021jyuriki0.jpg
でっかいTボーンステーキ。手前のはギリ「ポーターハウスステーキ」と言えるかな

 Tボーンステーキを楽しみにしていたのだが、残念!夕方出かけたせいか、本日分は売り切れと。

 国産牛しか食べない家族もいるらしく、帰りのジョイフル本田で黒毛和牛と、子ども向けのソーセージ、焼き鳥も買っておく。


さて翌日、食材をクーラーに詰め込んで、現地に向かう。あきる野市のキャンプ場、多摩川のほとりにある「十里木ランド」へ。
20181021jyuriki2.jpg
焼く
 手前は牛タン、奥にラムラック

20181021jyuriki3.jpg
焼く
 ラムラックと牛タンはそのまま切り分ける

20181021jyuriki4.jpg
ひたすら焼く
 牛リブフィンガーをYoshidaのBBQソースで焼く。これが一番評判が良かった。

20181021jyuriki5.jpg
これもそのまんま焼いた

20181021jyuriki6.jpg
こんな施設で焼いています

 十里木ランドにはコンロやトング、まな板や包丁など貸し出しをしてくれる。もちろん有料。

 肉の焼き方には好みがあって、私はレアに仕上げるが(中に火はちゃんと通すんだけど)、真っ白に火が通っていないと不安になる人もいて、やっぱり肉は難しいね。

 さて肉を焼きながらビールをガブガブ飲む。もう10時くらいから飲む。
 クラフトビールはエール系が多く、飲み慣れていない人が意外に多かった。初めて飲んだという人もいた。特に英国製のストロングエールは非常に美味しいんだよ。
 自宅から持ち込んだ大量のシードルは、伝統的製法だから好みが出るかと思ったが(要は「枯れた」味わいがある)、飲んだ人全員が、これは美味しいよと絶賛。

 子どもたちは飲み助ばかりのブースには早々に飽きて、川岸で遊んでいる。当然親もついて行く。心配だものね。

 ブースには私たちの他に2グループいて、お互い写真を撮ってあげたりと、なんとなく仲良くなる。でかい肉をそのまんまガンガン焼く我々を、驚きの目で見ていたなあ。

20181021jyuriki7.jpg
Penfold'sのBIN8 こんなワインもコストコで売っている

 BBQの日は10月7日。そう、前日台風が直撃する可能性があった日だ。うまいこと台風を北にずらしておいたので大事はなかった。実は同日、職場の仲間が新潟で結婚式を挙げる日でもあったのだが、新潟も良い天気だったとのこと。けれど気温が30度近くにも上がり、暑いのなんの。

 台風といえば十里木ランド、その前の台風による増水で、何と広大な駐車場が石だらけになってしまい、河原の水道が全部流され、釣り堀も崩壊していた。これが初めてではないらしいが、何とも痛ましい。

 さて。
 こんなイベントが時々あり、私も病院内でカレーや台湾屋台料理などを振る舞ったことがある。生ハム原木を使って、ちょっとしたハムサンドを提供したが、あれはかなり驚かれた。

 このバーベキューイベント、まもなく職場を離れる私への、ちょっとした送別会にもなった。
 こんないい仲間がいる。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。