So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

国会前へ ~狂った気候と一緒に狂った大統領がやってきた件~ [社会情勢]

 25日土曜日、仕事帰りに都心に向かう。以前の職場よりは若干東部よりになったので、ほんの少し行きやすくなった。

 最近沖縄に行くことが何度かあり、それは辺野古新基地建設を阻止する運動に参加するためであった。もう傍観者でいるつもりはない。
 しかし、沖縄はあまりにも遠い。せめては気楽な格好をして、国会前まで出でてみん。

 5月25日はそんな東京都民でも気軽?に参加できる行動があった。「止めよう辺野古新基地建設・9条改憲・安倍政権の暴走を!5・25国会包囲行動」という。

 「国会包囲行動」と言うだけあって、3カ所くらいに集まる場所があるようだ。一番メインは国会議事堂正面。戦争法反対の大集会では人でいっぱいだったところ。あれからもう4年。
 私は国会前ではなく、裏手の国会図書館付近に行く。スピーカーがあって、演者の声が聞こえる。ネットでも良く目にする人たちが、演説をしている。

 その後、各所で参加者の演説があった。年配の人から若い人まで世代は様々。沖縄から来ている人も結構いたようだ。

20190528okinawa1.jpg
沖縄で活動している瀬長さん。あの沖縄の英雄、瀬長亀次郎のお孫さんだそうである

続きを読む


タグ:沖縄 国会
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

失われた30年 ~30年ばかり前のこととこれからのこと~ [社会情勢]

 あの頃、レンタルビデオ店がやたら繁盛した。何せ同じ番組ばかりやっている。テレビ東京が相変わらずで、それが救いだった、のかな?当時北海道にはテレ東の番組を放送する局はなかったので(今はある。1989年にできた)。

 お笑い番組がなくなった。

 なぜかCMの言葉が削除された。「皆さんお元気ですか」の一言だったのだが。

 天皇制の批判がしにくくなった。

 あの頃は、裕仁(いわゆる昭和天皇)が病気になり、「自粛」なるキーワードがバズっていた。何かを祝ったり、笑ったり、喜んだり、そんな感情を大っぴらにすることがためらわれるような風潮があった・・というのはマスコミでの話しで、そんなことはどこ吹く風という人もたくさんいて、当時から共和主義者だった私もその一人だった。レンタルビデオが繁盛したのも、そんな庶民の本音であろう。

 この30年、安価なDVDやネット配信に押されて、多くの店が潰れ、大手も苦しい「レンタルビデオ」。当時は小さな町にも必ずと言っていいほどあった。あの頃セル版のビデオは1万円を超えるのがザラだったから。

 高校卒業時の文集に、その時勢を揶揄した私の一言は、周りをざわつかせもした。

続きを読む


nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

神田のカレー ボンディとエチオピア、そしてガヴィアル [食べ物]

20190302curry1.jpg

 新しい職場になってから、都心に行く機会が少し増えた。
 現場から離れ、管理部門的なことをしているので、行政機関や他の会社などへ行く機会が増えたからだ。

 まあ、今までも医療情報技師としてあちこちに出てはいたし、こないだも新宿で技師会があったのだが、フツーの病院の情報システム/医療事務系の仕事だと、よっぽど意識しないと仕事でよそに行く機会はない。

 さて、先般講演会の講師を依頼していた先生に会う用事があって、神田神保町に行く。用件も終わり、帰ろうかという時分になってふと考える。

 夕食とってないよ。

 神保町駅近くにカレーの名店がある。そこへ行ってみることにした。神田の老舗「ボンディ」へ。

 土曜日、打ち合わせがちょっと早く終わったので、店に到着したのは17時頃。でも人が並んでいる。都合15分くらい待つ。店内はやや狭く昔の喫茶店のような趣だ。みっしりと人が入っていて、比較的若い人が多い。昼間打ち合わせの前に行こうと思ったら、ビルの外にまで並んでいて、こりゃ無理だと諦めた。

20190302curry2.jpg

 店外の通路で椅子に座り並んでいる最中に、注文を取りに来る。「ビーフカレーがオススメです」と言う。で、混んでいる中そんなことを言うのは、これにしてくれ、と言う意味なのだろう。おとなしくビーフカレーにする。こんな場合、オススメに従うのは、あながち間違いではない。

 まず、ふかした皮付きのジャガイモが登場。ジャガイモ?そう、ジャガイモなのだ。バターが添えられている。

20190302curry3.jpg
神田カレー店名物、ジャガイモ

続きを読む


タグ:カレー 神田
nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

年の瀬に銀座と築地に行ってみた [雑想]

20181231close1.jpg

 年末にふと思い立ち、初めて自動車で銀座に行ってみる。立川から一般道で1時間少々。

 年末30日は日曜日。知らなかったのだが銀座、日曜日の方が駐車料金が安い。駐車場料金に一定の上限を設けているところが多いが、日曜は平日の半額以下。1000円台の料金設定が結構あるのだ。
 銀座は小さな路地にたくさんの駐車場があり、案外駐車場には事欠かないみたい。・・と言っても空き地にTimesが1台からの駐車場を設置しているので、一つ一つは小さいのだけど。

20181231close2.jpg
ビルの1階にたった2台のTimes駐車場

 今回はちょっと足を伸ばして、築地場外に行ってみる。

20181231close3.jpg
取り壊される築地市場

20181231close4.jpg
場外はすごい人出

 各国語が乱れ飛ぶ築地場外。主に中国語が多いが、こんな時期に日本に来るとは、やはり富裕層なのだろう。こうした外国人客がなければ、早晩銀座は冷え込んでしまうのだろう。そんな印象。
 寿司屋で軽く昼食を、と思ったが、すごい人出にとても無理。

 そのまま聖路加国際病院方面へ向かう。目的はここ。

20181231close5.jpg
塩瀬総本家 本店

 江戸幕府開祖と主に、本店をこちらに移したという室町時代に出来た老舗中の老舗。実はデパートや通販でも商品は買えるが、生菓子はここ本店とほんの一部でしか取り扱いはない、らしい。
 たまに本店で「本饅頭」というものを買う。何でも長篠の戦いの時に、徳川家康が奉納したという饅頭らしい。時代スケールがすごい。
 とはいえ本店はビルの中のテナントで趣はあまりない。老舗とはいえLINEやサンリオなどのキャラクター饅頭も作っている、敷居の低い和菓子店でもある。

・・・・・

続きを読む


タグ:銀座 築地
nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

退職・・と。 [現場のシステム]

20181028hosp1.jpg

 いよいよ10数年来勤めてきた病院を離れることになる。

 私はトップページに長らく表示してきたとおり、情報システムにとどまらず何でもやる事務だったので、様々な職種と関係を持ってきた。

 一般的には病院職員と関係の薄い、パートの調理員まで私の顔と名前を知っているくらい。

 先日、合宿を兼ねた打ち合わせがあった。

 30人ばかりが参加する研修会で、会議後の夕食会には子育て中の一人を除いて全員が参加した。去年とはずいぶん違う。というのも、その夕食会は私の送別会も兼ねているからだった。

 全職種が参加する会議なので、各方面からのコメントをもらう。

 このような会にありがちなお世辞はほとんどなく、真摯でそして切実なコメントを、全職種からいただけたと思う。
 ただ私、あまりにたくさんのことをやり過ぎていたからか、ほとんどの職員が行く末をおそれていた。不安の声は送別会参加者からもたくさん出された。

 私の挨拶。10数年間(実は現病院に勤務し始めたのは、このBlogの開設とほぼ一緒の時期なのだ)の思い出を、窓口にいらっしゃる患者やその家族のエピソードを縷々語った。
 後日いくつもの職員から好評との意見をいただいたので、良い話が出来たのだと思う。
 職場からは送別の品をいただいた。何人もの職員個人からも贈り物をもらう。花束と、メッセージのいっぱい入った色紙も。

 送別会の前日、勤務最終日に国立市大学通り沿いのレ・アントルメ国立へ。100名ばかりいる職員に餞別のお菓子を買いに行った。その総額は通販で注文しておいたものも含めると3万円を超えていた。それでも今まで世話になった職員たちへの、せめてもの気持ちを示したかったので、それで良かったのだ。

 昨年から一緒に、秘書のように働いてくれているパートの事務職員。退勤時間になって、いつもは時間通りに帰るその人が、なかなか帰らない。「もう時間だよ」と声をかける。今までありがとう、と握手をすると、言葉が出ないままボロボロと涙を流し始める。ちょっと決断を誤ったかな、と後悔もする。

 合宿からの帰宅時、そのような思い出が巡り、何も出来ないまま、家でずっとこれまでの思い出を反芻していた。

 そのようなことがあったので、新しい職場ではちょっとホームシックのような感情がわき起こる。

 素晴らしい職場、暖かい患者・家族の皆さん、そして同様にたくさんの職員。このような環境で働けていたことが、今本当にありがたいとしみじみ思う。もうこんなことは起こりえないと思うくらい、幸運な職場。
 たくさんの職員が私を慕ってくれ、私はそれに全力で応え続けた。その集大成が送別会で出たように思う。

続きを読む


nice!(15)  コメント(6) 
共通テーマ:仕事

肉まみれ~十里木ランドでBBQ [旅行]

20181021jyuriki1.jpg

 先だって職場の仲間とバーベキューをすることになった。それで私も申し込んでいたら、参加者が30人以上になると。
 こりゃ、結構な量を用意しなきゃだぞ。どうする?

 ということで、私と仲間数名で買い出しに行ってくる。入間のコストコへ。
 コストコは米国産牛肉が多いが、豪州産や日本産の和牛などもあり、案外いろいろと買える。
 米国産のリブフィンガー2kg、そのままステーキに出来そうなくらい厚切りの焼き肉用牛ロース2kg、牛タン1本、豪州産ラムラック2つ、豚スペアリブ2kg・・まあ、こんなもんか。
 クラフトビールセットとワインも買っておこう。

20181021jyuriki0.jpg
でっかいTボーンステーキ。手前のはギリ「ポーターハウスステーキ」と言えるかな

 Tボーンステーキを楽しみにしていたのだが、残念!夕方出かけたせいか、本日分は売り切れと。

 国産牛しか食べない家族もいるらしく、帰りのジョイフル本田で黒毛和牛と、子ども向けのソーセージ、焼き鳥も買っておく。


さて翌日、食材をクーラーに詰め込んで、現地に向かう。あきる野市のキャンプ場、多摩川のほとりにある「十里木ランド」へ。

続きを読む


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

カラフル!!というLGBTの、すごく良いマンガがあるんです [社会情勢]

すんません。ちゃんと生きてます。

180925LGBT.jpg

 しんぶん赤旗日曜版で、今年から「カラフル!! 知っておきたいLGBT」という作品が連載されている。
 連載当初はFtoM(肉体は女性で性自認は男性)が主人公で、現在はゲイの男性が主人公。最新号では、主人公がとうとう恋人を作るところまで進んでいる。
 恋人は写真家だが、学生時代にアウティング(本人が望まずゲイであることを他人に暴露されること)された過去があり、死に場所を求めて海外に行ったことが明かされている。

 2年ばかり前、ウチの近くの一橋大学で大学院生がアウティングされ、自死した事件を思い出す。

 遠藤まめたさんの的確な監修で、内容に不安がなく、青木朋さんの柔らかな絵が、この作品をいっそう親しみやすいものにしている。そして実は連載作の端にある読者投稿に、はっとさせられるものがある。

 その遠藤まめたさんが、先日朝日新聞にコラムを載せていた。

(学びを語る)多様な性への理解 高学年ごろから学校で伝えて 遠藤まめたさん

・・特別に時間を作って専門的な話をする必要はありません。性についての感覚は人によって様々だということを、普段から伝えればいい。・・
・・性の話題に限らず、ちゃかす、いじる、差別的に扱うといった先生の態度は、当事者にもそうでない子にも悪い影響を与えます。・・


 性教育の重要性というものは、何も今始まったことではなく、山本宣治ら戦前からその潮流が存在している。私自身も産婦人科スタッフと協力して、もう10年以上も前から就学時前~高校生くらいまでを対象にした性教育を実践(私の場合はそのお手伝い)しているが、5年以上前からその場にLGBTと性被害者への配慮を加えるようにした。

そんなに多いの?

 昨今話題のLGBTは~性自認がない人もいるので、LGBTqとする場合もある~実は非常に多い。私は昨年東京都主宰のLGBTの講演会に参加した。そこで知った。LGBTは佐藤・鈴木・高橋・田中・渡辺・伊藤を合わせたよりも多い(電通ダイバーシティ・ラボ調査)、というのだ。あなたは佐藤さんに会ったことがないだろうか。鈴木さんは?高橋さんは?

 つまり、そういうことだ。

 身近に知っている人がいない、と言う人は、単にカミングアウトされていないということなのだ。
 と言う私も、カミングアウトしているLGBTの知り合いはいないんだが。

 カラフル!!、単行本化されないかな。それ自身が非常に良い教材となるんだが。新聞連載だけで終わるのはもったいない。

一部界隈で騒がれていること~「安倍案件」関連で

続きを読む


タグ:LGBTQ
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ジャガイモの「実」 [医療情報技師というお仕事]

 リハビリ室に立ち寄った折、テーブルの上に「トマト」と書かれた紙があり、青い果実が置いてある。

 何これ?どうしたの?

 OT(作業療法士)に聞くと「(病院の)庭で採れたんですよ。でもトマトは植えていないはずなんですけどね」と。

 作業療法とは、一般の人がイメージするいわゆるリハビリとはちょっと違い、日常生活で行われる各種の作業を行うことで、患者の自立度を上げていくというものだ。その作業とはいろいろあるが、当院では小さなリハビリ用農園が用意されており、簡単な農作業を行ってもらう事もある。

 私もリハビリ農園にトマトは植えられていないことを知っていたが、この実が何であるかはすぐに分かった。

180627potato1.jpg
これはジャガイモの実

180627potato2.jpg
縦切りと横切りにしてみる

180627potato3.jpg
こっちは本物のトマト

 ジャガイモは、トマトと同じナス科の植物で似たような花を咲かせるが、実もこのようによく似ている。このようにたまに実を付けることがあると小学生の頃に本で知ったのだが、本物を見るのは初めてだ。

 トマトと違って実の付き方がちょっと違う。またいつまでも青々としているトマトとは違い、ジャガイモの葉は早々に枯れてしまって、実もぽろぽろと落ち始めた。

 ここで改めてジャガイモの実とは何かと調べると、熟せば食べられるらしいとも聞いた。けれど私はジャガイモの実には毒があると大昔に聞いたことがあるので、食べないでおく。

 まあ、このような日常の中で仕事をしている。

--

続きを読む


nice!(17)  コメント(7) 
共通テーマ:仕事

いわゆるIT企業のイベントに行ってきた ~Hapitas交流会

180526hapitas1.jpg
恵比寿アクトスクウェアにて

 もう一ヶ月くらい前になるのだが。

 「Hapitas」(ハピタス)というポイントサイトがある。ここを経由してネットショッピングなどすると、ポイントがもらえるというものだ。とりあえず何でもここを経由して買い物をするようにしていたら、数万ポイントがたまっていた。1ポイント1円換算なので、そこそこのお小遣いにはなる。

 あるときアンケートのお知らせがあって、それに回答する。何でもユーザーと社員との交流会があるとのことで、その申し込みも兼ねていた。
 しばらくして招待状が届いた。交流会に当選したのだ。Hapitasの。

 場所は恵比寿のイタリアンレストラン。恵比寿に行ったのはウェスティンのスイーツバイキング以来だから2年ぶり。

180526hapitas2.jpg
前座の軽食 食べ放題

180526hapitas3.jpg
実は本会場ではなくウェイティングルーム

 会場に着くと、早速軽食のブッフェがあった。ドリンクも飲み放題。ただしソフトドリンクのみ。参加者はそこそこいて、抽選で選ばれたと言うこともあってか、あまり話をしている人は少ない。
 何か並べて写真を撮っている人がいる。そこだけ少々華やいでいる。そして後日その人のBlogを発見。

 交流会の初めはHapitasを運営するオズビジョン社長らの講演。開始時間がやや遅れたのはご愛敬。

 講演はさほど長い時間をとっていないこともあって、飽きさせず、それでいて今後の展開などいろいろと話を聞く。特に今後の計画などはSNSなどでの拡散はしないでね、とのアナウンスもあり、ここでは触れない。
 皆さん30代。若く楽しげな講演やシンポジウムは勢いのいいIT企業ならではの雰囲気。社長の鈴木氏、ちょうどこの時期に来日していた、アリババのジャック・マー氏にちょっと雰囲気が似ているなあ。

 このポイントサイトが支援しているNPO、Civic Forceの方の講演もあった。Hapitasが支援しているのだそうだ。企業のCSRという観点から、この講演は好ましい。
 ここを支援している理由は災害救助という内容もそうだが、寄付金の使途を明確にしてくれているのだそう。NPOにはなかなかその辺がきちんと出来ているところは少ないのかな。私が事務局長をしていた川田労災認定を勝ちとる会は、年次決算報告は出していたけれど。


楽しく練り込まれていた社員との交流会

続きを読む


nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

安倍政権下でなぜにこんなに不祥事が起こるのか ~仕事の出来ない人、仕事を知らない人それは安倍晋三 [社会情勢]

・・・一応生きています。そう、一応。何で更新できなくなったのかについては今後書くかもしれません。

 ここ数ヶ月の安倍政権による惨状は、あまりのことに思考停止してしまうほど凄まじいものだった。
 内閣が10回倒れるようなレベルの事件が続出。

 しかしなぜこんなことが起こるのか。時々読ませてもらっているBlogにこんな表現があり、得心した次第。

ボビー・ブラウンさんのBlog 雑記(主に政治や時事について) 本人の証言を待たずして、安倍昭恵の関与が確定となった

 この記事は、3月末に参院予算委員会で、財務省の太田理財局長が、森友問題に関する公文書改ざん問題について答弁したことが記載されている。
 この質疑のハイライトは、共産党の小池晃議員による、首相夫人の名前が決裁文書に記載されている理由についての質問に「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と答え議場をどよめかせたこと。
 もう一つは、無理筋と知りつつも、安倍政権を基本的には擁護する答弁を行っている太田氏に、まさかの与党、和田政宗議員からのハラスメント質問「安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているのではないですか?」に、「それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください」と、怒りをこらえて答えていたことも印象深い。

 ボビー・ブラウンさんは言う。

昨日までずっと意味がわからず、安倍晋三の答弁を聞くたびに、脳みそが痒い思いをしていた。自分の認識となんでこんなに噛み合わないのかよく分からなかったが、ふとある結論に思い至った。

「安倍晋三って、もしかして実務担当者として、一番下から自分で稟議書や決裁書などを起案して、上の方まで通すとかやったことない? あるいは少なくともその意味を理解していない?」

でなければ、決裁文書に安倍昭恵の名前が載っていて、「自分や妻は関わっていない」はありえないのである。自分と認識がずれるはずである。

・・中略・・
(上記小池晃議員の質問に、太田氏が「それは基本的に、総理夫人だということだと思います」と答弁したことについて)
この太田理財局長答弁を引き出した瞬間の国会の反応たるや。そして、一方のその後の安倍晋三の反応はそれほどでもなかった。少なくとも、大臣席から野次を飛ばすようなことはしなかった。

やはり事の本質を最も理解していないのは、安倍晋三なのではないかと思う。自分が安倍の立場であれば、どんな無理筋の反論であると分かっていても、大臣席から必死で反論の野次を飛ばしていたであろう。


 やっぱり、そう思うのか。そうだ、そう考えるのが妥当だ。

 安倍晋三という人は、いわゆる「仕事が出来ない人」。うんわかった。私も国会の答弁を聞いて、脳みそがむずがゆくなる経験をずっとしている。うん納得。

職場の「仕事が出来ない人」と安倍晋三

続きを読む


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。